自動引落としだけでは損?

カードローンの賢い返済方法は、余裕を持っての返済です。各社様々な返済方法ができるのが普通で、自動引落としやATMからの返済、インターネットバンキングからの振込みなどから都合の良い方法で返済が行えます。

 

返済には約定返済額があり、これが最低限払わなければならない返済額です。例えばアコムでは、借入れ30万円以内なら4.2%が約定返済額となるので、10万円借りるとすると、毎月最低5,000円は返済する必要があります。

 

しかし、最低限の返済額だけを返済していても、中々元金は減りません。10万円の借入残高で1か月にかかる利息は1,500円です。5,000円返済しても、利息分を差し引くと実質3,500円しか返済していない計算になります。

 

元金が減るほどかかる利息も減っていきますが、最初から返済が少なければ、中々利息も減りません。5,000円の返済では完済までに利息だけで2万円も払う羽目になります。返済期間も長く、10万円の借入れのみで完済まで24カ月かかります。

 

例えば毎月頑張って1万円ずつ返済したとします。この場合には、返済は11か月で済む上に、払う利息も9,000円程度で済みます。返済額が2倍で、返済期間も利息も半分以下になるのは、元金の減りが早いからです。2か月目、3か月目と、かかる利息がどんどん減っていくので早期返済はお得になります。

 

アコムは大手で安心して借りられるキャッシングサービスですが、金利は決して低くはありません。返済を考えて使えれば便利な借り入れ先となりますので、利用前にはアコムで即日借りるためにで基本情報を確認しておきましょう。