ATM手数料は無駄となる

カードローンの賢い活用法は、サッと借りてサッと返す、これが理想です。例えば10万円借入れしたとしても、給料やボーナスで、数日で一括返済してしまえば、利息は数百円、場合によっては数十円で済んでしまいます。

 

一括返済は無理でも、随時返済で早め早めに返済していくほど、払う利息も少なくなります。毎月の返済の負担が増えるのは大変ですが、それ以上にメリットが大きいです。

 

しかし、せっかく早期返済の為にコツコツと繰り上げで返済しているのに、あまり得をしていないケースもあります。意外と見落としがちなのがATMの手数料です。借入も返済も、利用するカードローンやATM、時間帯によっては利用手数料がかかります。1万円まででも108円、1万円超なら216円の手数料がかかる場合があります。たったの百円と考える人もいますが、借入や返済の度に払っていると馬鹿にならない金額になります。

 

ATM手数料で損をしないためには、単純にATM手数料がかからないように利用すればよいだけです。利用しているカードローンでATM手数料がかからない所や時間帯は調べておいた方がよいでしょう。

 

また、現在カードローンを検討中であれば、ATM手数料についても考えて選ぶとよいでしょう。中には新生銀行レイクのように、提携ATMも含めて利用手数料無料のカードローンもあります。

 

消費者金融大手のプロミスでも、プロミスATMの他に三井住友銀行のATMでも手数料は無料となります。早くに借りながらも手数料負担が抑えられるので、困ったときにはプロミスの早い回答となる審査を受けてみましょう。