随時返済で負担を減らす

カードローンを約定返済だけで行っていても、中々借入残高は減りません。繰返し借入れができるのがカードローンのメリットの1つですが、借入期間が長ければ、返済中に新たな借入れを繰り返し、いつまで経っても完済できなくなります。毎月最低額の約定返済のみではなく、積極的に随時返済を行っていくと、完済しやすくなるだけでなく、払う利息も少なくて済みます。

 

随時返済の方法はそれ程難しくありません。定められた返済期間以外で、カードローン会社に振り込めばいいだけです。随時返済については各カードローンによって異なる場合がありますが、大抵はATMから簡単に行えます。また、定められている返済期間に、いつもよりも多めに返済しても大丈夫です。手続きはこちらの方が簡単でしょう。

 

ただし、随時返済をする際には注意点もあります。普通カードローンを利用すると、毎月返済日が決まっています。この際に返済する期間が設けられていますが、返済期間以外に返済をすれば随時返済扱いになってしまう場合があります。自分では毎月の約定返済だったつもりだったのに、とならないよう、返済期間には注意しましょう。

 

もう1点、返済するATMによっては1,000円未満の端数の返済ができない場合があります。特に完済時の端数については、自動引き落としや店舗などで行う必要があります。

 

もし今現在の借り入れ先が随時返済に対応をしていない、対応をしていても返済時に手数料がかかるなどの場合には、借り換えを行うのも一つの手です。随時返済もATM手数料無料となるオリックス銀行カードローンなら、借り換えによって負担を減らせる可能性があります。

 

借り換えの仕方やメリット、基本的な手続き方法については借り換えローンの方法に書かれています。